日記やら、食べ物やら、音楽やら、学生生活やら


by nemshima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009/04/30(Thu.)

出雲・松江の旅、一日目。
b0006289_2243622.jpg
ここはどこだろう?南アルプス?富士山を通り過ぎて数分後の写真なんだけれど。
b0006289_2249129.jpg
松江に着いたのだけれど、出雲大社に向かう電車を目の前で逃してしまって、1時間近く、宍道湖の周りを散歩。
b0006289_2250552.jpg
松江は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の街なので、宍道湖の湖畔には耳なし芳一の銅像があったりする。
b0006289_22514454.jpg
出雲大社へ向かう一畑電車はワンマン電車。
b0006289_22531237.jpg
参拝前にまずは出雲そば。割子そばと呼ばれ、器に直接つゆをかけて食べる。
b0006289_2253413.jpg
ようやく出雲大社に参拝。「平成の大遷宮」といって5年がかりで大修造をしている最中なので、本殿は覆いが掛けられている。
b0006289_001359.jpg
本殿を取り囲んでいる瑞垣に建つ八足門の前には、発掘で出土した古代本殿の柱跡が御影石で示されている
b0006289_0134553.jpg
こちらは神楽殿にある長さ13メートル、重さ5トンもある有名な注連縄(しめなわ)。
b0006289_0221684.jpg
この注連縄、沢山のコインがささっていて。下から投げてもなかなかささらない人もいるらしくて、チャリンチャリンと音がしていたけれど、僕はなんだかすんなりとささってくれて。他の人のお金を落とすこともなかったので、気まずさも無し。
b0006289_0241997.jpg
参拝が終わったので、出雲そばの二軒目へ。
b0006289_025266.jpg
それからバスで20分掛けて日御碕へ。またもや高所恐怖症なことを忘れて灯台に登ってしまった。
b0006289_0293314.jpg
ここで食べたのはちょっと贅沢をしてウニ丼。
b0006289_0315097.jpg
日御碕神社にも参拝して、日御碕には1時間20分くらい滞在して、再び出雲大社方向へ戻る。
b0006289_0333951.jpg
こちらは「稲佐の浜」といって、神無月に全国から集まる八百万の神々が上陸するところ。近くには歌舞伎の創始者とされる「出雲阿国」の墓などもあるのだけれど、時間が無かったので、バスの中から眺めるだけに。
b0006289_0395195.jpg
時間が無かったのは、古代出雲歴史博物館に行きたかったから。ここに展示されている銅鐸・銅剣は一見の価値あり。
b0006289_0244770.jpg
まだ出来て間もない博物館で、カフェテリアやミュージアムショップは一面ガラス張りになっていて、時間があればゆっくりくつろぎたかったけれど、かなり駆け足で見て回りました。
b0006289_0262468.jpg
再び一畑電車に乗って、今日の宿、松江に引き返す。ちなみに一畑電車は自転車の持ち込み可能とのこと。持ち込んでいる人は見かけなかったけれど。
b0006289_0282013.jpg
松江の駅は「松江しんじ湖温泉駅」。これも改装したばかりなのか、きれいな駅舎。
b0006289_0315458.jpg
あらかじめ予約していた、松江大橋たもとのお店で食事。
b0006289_0332489.jpg
うなぎのお茶漬け(ひつまびしみたい)なのと、シラウオの卵とじ。いわゆる宍道湖七珍(しんじこ しっちん)の一部。
b0006289_0364411.jpg
食後は堀端を散策してからホテルにチェックイン。気がつけば今日の歩数は27,955歩。
b0006289_0385170.jpg
ちなみに、今日のベストショットはこちら。今回の旅行には当然、懸賞で当選した大きなデジカメを持って行ったのだけれど、こちらのショットはケータイでの撮影。機能・性能も大事かも知れないけれど、タイミングってのも大事なんだと思い知らされた次第。
[PR]
by nemshima | 2009-04-30 23:59